MAMA USAGI

大雨の影響による配送遅延と配送停止について
COSME 2018.04.05

[連載No.37] コンシーラーは丁寧に! 大人のつや肌ベースメイクの作り方。

to/one は、過酷な砂漠でたくましく生き抜くサボテンの力に着目。
2つのオーガニック認証を取得した、希少価値の高いモロッコ産ウチワサボテンオイルを配合しました。
さらっとして浸透しやすいオイルが、肌へ弾むようなハリとやわらかさ、潤いと輝きを与えます。
惜しみなく配合されたフラワーエキスが美しい素肌へと導きます。

MOVIE CHECK

HOW TO

ステップ01イメージ

大きい面積の頬→おでこ→顎→鼻からクリームを置いていきます。

スキンケアーのクリームを馴染ます様に、内側から外側にやや斜め上のばしていきます。

ステップ02-01イメージ

必要な所にコンシーラーを塗っていきます。目の下は明るいカラーA。

頬の高い部分に明るい部分にABミックスしたコンシーラーを置いてきます。あまり明るい色味だと、浮いてしまうので、MIXして塗ります。

ステップ02-02イメージ

小鼻や口角、くすみがちな部分はBのコンシーラーで丁寧にカバーしていきます。

しみやニキビ、ニキビ後は、Cの少し暗めのトーンのコンシーラーでカバーします。柔らかい筆でぽんぽん置くと、なじみが良いです。

ステップ03イメージ

ルミナイザー03の(ラベンダー)はくすみをカバーするに最適です。 目の下などくすみが気になる所に塗っていきます。

ルミナイザー02を頬骨鼻筋に入れて、高さだします。

唇の口先にもルミナイザー03をのせる。中央部分に光沢があると、洗練された表情になります。

ステップ04イメージ

プレストパウダー03(ラベンダー)をのせる。ラベンダーのパウダーで全体くすみがとれ、顔色がとても明るく見えます。頬の艶部分はのせないで、顔周りはしっかりテカリを押さえていきましょう。

艶もあり、てかりなし、光沢ありの大人の艶肌メイクの出来上がり

finish

finish

Point

丁寧に仕上げたつや肌を生かす為には、
パウダーを顔全体に付けない様に心がけましょう。

NEXT...EYE MAKE UP

アオタ マユミ

アオタマユミ

ヘアーメイクアップアーティスト。都内某有名サロンで修業後、単身渡米。
数々の現場で活動後、2006年よりフリーランスとなり、都内に拠点に移す。雑誌、広告、TV、コレクションなど多くの場面で活躍し、多くの役者やモデル、アーティストからの信頼を得ている。その人にあったヘアーメイクアップを引き出すのを得意とする。自身も2児の母となり、ますます精力的に活躍の場を広めている。

[連載No.37] コンシーラーは丁寧に! 大人のつや肌ベースメイクの作り方。

to/one は、過酷な砂漠でたくましく生き抜くサボテンの力に着目。
2つのオーガニック認証を取得した、
希少価値の高いモロッコ産ウチワサボテンオイルを配合しました。
さらっとして浸透しやすいオイルが、
肌へ弾むようなハリとやわらかさ、潤いと輝きを与えます。
惜しみなく配合されたフラワーエキスが美しい素肌へと導きます。

MOVIE CHECK

HOW TO MAKE UP

ステップ01-01イメージ

大きい面積の頬→おでこ→顎→鼻からクリームを置いていきます。

ステップ01-02イメージ

スキンケアーのクリームを馴染ます様に、内側から外側にやや斜め上のばしていきます。

ステップ02-01イメージ

必要な所にコンシーラーを塗っていきます。目の下は明るいカラーA。

ステップ02-02イメージ

頬の高い部分に明るい部分にABミックスしたコンシーラーを置いてきます。あまり明るい色味だと、浮いてしまうので、MIXして塗ります。

ステップ02-03イメージ

小鼻や口角、くすみがちな部分はBのコンシーラーで丁寧にカバーしていきます。

ステップ02-04イメージ

しみやニキビ、ニキビ後は、Cの少し暗めのトーンのコンシーラーでカバーします。柔らかい筆でぽんぽん置くと、なじみが良いです。

ステップ03-01イメージ

ルミナイザー03の(ラベンダー)はくすみをカバーするに最適です。 目の下などくすみが気になる所に塗っていきます。

ステップ03-02イメージ

ルミナイザー02を頬骨鼻筋に入れて、高さだします。

ステップ03-03イメージ

唇の口先にもルミナイザー03をのせる。中央部分に光沢があると、洗練された表情になります。

ステップ04-01イメージ

プレストパウダー03(ラベンダー)をのせる。ラベンダーのパウダーで全体くすみがとれ、顔色がとても明るく見えます。頬の艶部分はのせないで、顔周りはしっかりテカリを押さえていきましょう。

ステップ04-02イメージ

艶もあり、てかりなし、光沢ありの大人の艶肌メイクの出来上がり

finish

finish

Point

丁寧に仕上げたつや肌を生かす為には、
パウダーを顔全体に付けない様に心がけましょう。

NEXT...EYE MAKE UP

アオタ マユミ

アオタマユミ

ヘアーメイクアップアーティスト。都内某有名サロンで修業後、単身渡米。
数々の現場で活動後、2006年よりフリーランスとなり、都内に拠点に移す。雑誌、広告、TV、コレクションなど多くの場面で活躍し、多くの役者やモデル、アーティストからの信頼を得ている。その人にあったヘアーメイクアップを引き出すのを得意とする。自身も2児の母となり、ますます精力的に活躍の場を広めている。


関連する記事