MAMA USAGI

2018.9.6 災害の影響による配送遅延と配送停止について
FOOD 2018.07.17

学校給食でも提供されている豆乳アイス

7大食物アレルギー物質を使用していないので、乳アレルギーのあるお子さんでも食べられるアイスクリームです

ice_eye

暑い日が続いています。そうなるとやっぱり美味しいアイスが食べたくなります。

我が家では乳、卵、小麦など完全除去の物が多く、まだ3歳になったばかりの娘にはアイスクリームというクリームと名前のつく物は与えた事がありませんでした。そんな時に見つけたアイスがこれ。

ice_02

コンタミの事を考えるとアレルギー特定原材料不使用でもなかなか警戒して手を出せないのですが、「学校の給食でおなじみのアイス」という文字をみて購入を決めました。

クラシエ 豆乳アイス SOY ソイ・バニラ

ice_03

ice_04  ●原料は、7大食物アレルギー物質を使用していないことが証明されているものを使用

※7大食物アレルギー物質:食物アレルギー特定原材料7品目「小麦、そば、落花生、えび、かに、乳、卵」

●製造ラインは、CIP洗浄(アルカリ循環洗浄)。 また、原料の調合には専用の器具を使用するとともに、仕切られたブース内で原料供給する等の隔離

●生産ロット毎に、厚生労働省の公定法を用いてアレルギー検査を実施

という徹底された管理のもと作られています。

2008年の発売当初は、ダイエット中の人や、コレステロールが気になる人のアイスとして広まったこのアイスでしたが、学校や保育園の給食、学童保育などでのデザートとしてアイスが登場する機会が増えてきた今、アイスが給食に出る日には、アレルギーを持つお子さんが、この商品を自宅から持たせているという話や、学校の先生からアレルギーを持つ子どもたちにも同じデザートを食べさせたいというご要望も増え、2010年から給食用の「豆乳アイスSoy(ソイ)」を発売したそうです。

まだ幼稚園にも行っていない娘なので給食などとは無縁ですが、数年後、娘も幼稚園、小学校になる事を考えたら、こうやって他の子達と同じ物を食べられるのは嬉しい事だなとメーカーさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 


この記事のキュレーター
hirona
フリーランスで活躍するヘアメイクアップアーティストで、一児の母。さらに、趣味であった料理がSNSで反響を受け、2014年からフードスタイリングなどヘアメイクだけにとどまらず、ライフスタイルにおけるトータルビューティーに関わる事を幅広く活動している。また、娘の食べ物アレルギーをきっかけに食についての知識をさらに勉強中。グルテンフリー、マクロビ、オーガニック食材など、アレルギーがあっても家族皆で食べられる豊かな食生活について発信していく。