MAMA USAGI

FOOD 2018.11.30

いま話題の「FAHAN(ふぁはん)」を試食させてもらいました

今秋4回目の開催となる「みんなのアレルギーEXPO2018」に行きました。その際に実際に試食させていただいた時のレポートをしてみました。

fahan2_main
10月15日・16日に都内で開催された「みんなのアレルギーEXPO2018」にいきました。私は初めての参加となりましたが、目的としては、新しい商品や企業の活動を知りたいというのと、なにより日頃お世話になっているアレルギー対応食品を開発、販売されている企業の方に直接お会いできる貴重な機会に、ただただお礼が伝えたいという気持ちが強かったです。
出展されている企業団体は、食物アレルギーへの対応をされている食品を扱う食品メーカーさんをはじめ、金属アレルギー、ハウスダストなどの環境にまつわるアレルギー、アレルギーの方に向けた防災グッズや食品など幅広い商品や活動を紹介されていました。

fahan2_02

その中でも主に食品ブースを中心に見ていた時に思わず、あーーー!と声を発してしまったブースがFAHANのブース。あんなに気になっているのにずっとオンラインストアではSOLDOUTで入荷待ち。更に、前回書きましたグッドデザイン賞受賞のニ ュースなどもあり、個人的に本当に本当に大注目をしていたので、まさかここで出会えるなんて!!!とわかりやすく大興奮しているところ、担当の方が、声をかけてくださり、実際に試食させていただける事に!

普段、外出先で試食なんて出来ない娘も大喜びで一緒に頂きました。

fahan2_04

まず口に入れた瞬間、ふわっふわな食感にビックリでした。今までもいろんな米粉のパンは購入してきましたが、どれもモチっとした独特の食感がありました。でも、FAHANのパンは、小麦粉から出来ているふわふわの食感のパンにとっても近い食感。でも小麦粉、バターなどを使用していないので味に重さが無く、生地の優しい甘みが感じられてすごい美味しかったです。娘もおいしくておかわりしていました。多分、言われなかったら特定原材料7品目不使用のパンだと気づかないと思う。普段かなりの商品を購入している私のなかでこのふわふわしっとりの食感はかなりの衝撃でした。

試食しながら担当の方とお話しましたが、商品の開発の段階からとても情熱をもち、実際にお子さんのいらっしゃる方が、アレルギーのお子さん、そして親御さんの気持ちを考え、寄り添うように商品を作られていると伺いました。それは、このパンの特徴や工夫されている点からもひしひしと伝わってきました。

fahan_main1 前回も書きましたが、食物アレルギーに対応する安全な食事を、毎日朝昼晩3回全て注意を払い、用意をする。というのは、私一人が毎日考えて一人で対応しなければいけない最優先の重要な仕事。私が一人で担当している重要なこと。みたいな感覚によくなります。例えば出かけていて時間が予定より遅くなったからお店で購入したり外食しよう、という事が出来ないので、あらかじめ朝からの外出でも昼、場合によっては夜の分のお弁当まで作ってから出かける。持っていなかったら遅くなってもとにかく早く帰って、ものすごいダッシュで夕飯を作る(心の中でため息)なんて事にもなったりします。

でも、自然解凍で、しかもべちゃっとした食感の無いこのパンがあったら、私の今の環境で変わる事が色々あるなと思ったのです。 朝、冷凍のままバッグに入れてもっていけば電子レンジの無い所に旅行やお出かけの時にも安心。今後、幼稚園などで給食の代替食を用意するにもそのまま持たせたら給食の時間には食べれる状態になります。しかもべちゃっとしていないこのパンならサンドイッチもおいしく作れるんじゃないか、フレンチトーストみたいなアレンジも出来そう、と勝手にアレンジまで妄想しました。

 

そんな事を考えるだけで、気持ちも楽しくなってくるし、お出かけする事にたいしても気持ちが軽くなったりします。商品でご家族の気持ちに寄り添う、とおっしゃっていたのはまさにその通りだと思います。ずっと気になっていた商品を、作っていらっしゃる方と直接お話ししながら食べる機会があり、心の底から大ファンになった商品でした。

 


この記事のキュレーター
hirona
フリーランスで活躍するヘアメイクアップアーティストで、一児の母。さらに、趣味であった料理がSNSで反響を受け、2014年からフードスタイリングなどヘアメイクだけにとどまらず、ライフスタイルにおけるトータルビューティーに関わる事を幅広く活動している。また、娘の食べ物アレルギーをきっかけに食についての知識をさらに勉強中。グルテンフリー、マクロビ、オーガニック食材など、アレルギーがあっても家族皆で食べられる豊かな食生活について発信していく。