snidel 2017 SUMMER STYLE COLLECTION

オリエンタルヴィンテージ

style01
  • style02
  • style03
  • style04
  • style05

ロング丈のワンピースやオールインワンに軽やかなスカートを合わせることでぐっとトレンド感がUP。
色をキャッチーにしたり、自分に合ったコーデで楽しんで。

style06

柄×柄のコーディネートは
異素材合わせでお洒落な印象に。
柄の種類が同じ系統だと全体がまとまって見えます。
プリントアイテムは足元は女っぽくするとGOOD!

style07
  • style08
  • style09
  • style10

印象的な柄プリントの羽織にはクロシェニットワンピースの様な
エスニックなアイテムを持ってくると今季っぽくなります。
ミニ丈や軽めの素材のコーデには、足元に重めのアイテムを持ってくることでバランスがうまく取れます。

style11
style12
  • style13
  • style14
  • style15
  • style16

流行のスポーツテイストも色を統一して、アクセントカラーを効かせるとヴィンテージライクに。
肌を見せたりヒールを合わせるのを忘れずに。

襟ぐりの広いブラウスをコルセットのように巻いてレイヤードにアレンジ。

style17

思い切っての全身赤コーデも今っぽい。
決め手は朱赤っぽい色味と素材違い。
定番のリブカーディガンを主役に。

遊び心のある小物も、シンプルなコーデに映えます。
ミニの足元はバランス見て露出しすぎないように。

style18

古着のようなTシャツにフラワースカートのカジュアルテイストを
レースビスチェでガーリーに落とし込んで。
ビスチェがカチっとしたコルセットデザインなので
しっかりコーデが締まります。

ブーツタイプはラフになりすぎないので、
カジュアルなコーデの締め役に使えて◎

style19
style20

ブラトップとハイウエスト、そしてオフショルと
今季のトレンドを詰め込んだコーデ。
同色系で統一感を出したり大人っぽい色を使うことで
やりすぎ感が出ず、洗練されたお洒落に。

style21

カジュアルアイテムを使った大人コーディネート。
リラックスパンツにはヒールを合わせて!
モノトーンで仕上げることで少しモード感も出て洗練されます。
パンプスはシルバーやカラーにするとコンサバっぽくならなくて◎
ヘアアレンジや帽子合わせで抜け感を出してもお洒落。

style22
  • style23
  • style24
  • style25
  • style26
  • style27
style22

夏らしいプリントのスカートを使ったコーディネート。
トップスは色を合わせて統一感を出して。

トレンドの後ろ開きアイテムも取り入れて今年っぽく。
インナーも色をポイントに持ってきていて◎

靴やアクセサリーは大人っぽい物を合わせてまとめて下さい。

style28
style29

今季はレイヤードスタイルも今っぽく見えるポイントです。

大胆なシースルーのレースワンピースの上には
派手柄シャツ+ウエストマークでカジュアルダウン。

羽織として着るシャツも抜いて着ると女っぽくなります。
足元に重みを出すとバランスが取りやすいです。

style30
style30

甘めデザインのチュニックブラウスは
キレイめ素材のワイドパンツと合わせて
“ガーリーだけどモードなコーデ”で大人っぽく。

足元も同色系でまとめすぎずオリエンタルなカラーにすると
雰囲気が出ます。

トップスにインパクトがあるのでヘアはまとめアレンジが◎

style31
style31

全体のカラーをヌーディでまとめることで
素材のバリエーションが引き立つコーデ。
足元のシューズは同色ですが一癖デザインもので
キレイにまとめすぎずに。

style32
style32

ショートパンツのキャッチーなスタイリングも
ヌーディーなトーンと黒の色使いで大人っぽく。

ラメニットや麻調の生地は今季のトレンド。
透け感のある羽織で更に女っぽく。

style33
  • style34
  • style35
  • style36
  • style37

甘めブラウスを今季っぽくコーディネイト。
存在感のあるウエストマークや強めの色を合わせて。
旬の半端丈はウエストマークするなどシルエットにメリハリをつけてスタイルUP効果も期待。