神崎恵さんに
されるセンス

vol.02 Military

style01

今、世の女性たちが最も憧れる美容家・神崎恵さん。その愛されオーラはいったいどこから生まれるのか。
彼女の愛用ブランドでもあるstyling/の服を通して、憧れのライフスタイルをひもといていきます。
2回目のテーマは「Military」。メンズライクな服から滲み出る女らしさに迫ります。

style02

ハンサムっていたらしさを
ましてくれる

ミリタリーシャツなどハンサムな服は大好きで、プライベートでもよく着ています。メンズっぽいオーバーサイズやゆるいフォルムに袖を通すと、体の柔らかさや丸みが改めて意識されて。実はフェミニンな服を着ている時よりもずっと、マインドは女らしくなるような気がするんです。カーキも私の中では定番カラー。ただ、アイシャドウと一緒で自分に似合う色味を選ぶことが大事。くすんで見えるカーキもあるので、必ず試着して自分の肌色を綺麗に見せる色を選びます。

大胆に背中が開いたバックシャンなミリタリーシャツ。股上深めのベルト付きパンツは、ゆるいシルエットで
ありながら、上品なセンタープレス入りで大人が着やすいデザイン。

もメイクも余裕大事
頑張ぎないのが心地いい

style04

マニッシュな雰囲気のオールインワンは、“自分らしくいたい”日にこそ着たくなるアイテム。
頑張り過ぎない雰囲気が“余裕”に繋がると思うので、あえて崩して着たりもします。
服は、肌触りが気持ちに直結すると思っていて。
心地良くいるためには、ある程度体との距離感も大事だと思うんです。
メイクでラインを調整するのと同じような感覚で仕上げにくしゃっと着崩したり、体が泳ぐシルエットを選んだりして心を解放しています。

ゆるめのコーデは「手首や足首を見せたり、骨格を出すメイクで引き締める」のも神崎さん流テクニック。
ウール混でゆるやかにシャープなラインを描くオールインワンは、女性らしく着られるミリタリーの新定番。

PROFILE

1975年、神奈川県生まれ。美容家として手がける著書は次々とベストセラーになり、累計著書部数は134万部を突破。自身のインスタグラム(@megumi_kanzaki)はフォロワー数46万人を超え、幅広い層から支持されている。10月23日発売予定の著書『神崎CARE』(ワニブックス)もすでに予約殺到中。また、10月7日スタートのテレビ東京系連続ドラマ「だから私はメイクする」 (毎週水曜・深夜0時58分~)では初主演が決定し、さらなる活躍の場を広げている。

STAFF

Photography : Yuji Takeuchi(BALLPARK) Styling : Kei Shirahata Hair&Make : Tomoe Nakayama
Model : Megumi Kanzaki Text : Urara Kurihara Press : Reiko Sato,Momoe Hanada

ARCHIVE